早い審査時間となるプロミス

消費者金融は銀行よりも早い手続きで借りられる点が魅力で、プロミスでも最短30分のスピーディな審査回答が大きなポイントとなるキャッシングサービスです。

 

ネット申し込みで最短30分の審査回答となるため、自宅でも外出先でも、パソコンからでもスマホからでも手続きができ、審査可能時間内なら最短30分の回答となります。30分であれば何かをしていればすぐに経ってしまう時間であり、ネットでの申し込みなら審査結果の連絡はメールが多いので安心です。

 

 

仕事の日であるとしても、休憩時間にスマホからプロミスに申し込むことも出来ます。スマホなら誰にも画面は見られず、申し込みフォームへの記入はオンライン上で行い、審査の結果連絡はメールで届いているため、いつまでも電話を気にしている必要もありません。

 

また、審査回答後の手続きにおいてもFAXや郵送、来店は不要であり、Web上でキャッシングの契約を進めることも出来ます。ただ、Web契約の場合には平日14時までに完了させないと当日中の振り込み融資が受けられないので、曜日や時間には注意をしておくようにしましょう。

 

土日や平日14時以降でも即日融資

プロミスでは通常の振り込み融資による即日キャッシング以外にも、いくつかの方法で当日中の利用も出来るようになっています。平日14時までのWeb契約に限られる通常の銀行振り込みよりも、時間に余裕が持てる手続きもあります。

 

まず知っておきたいのは、プロミスの契約機を使う手続きです。同じくネットで申し込みをした後にプロミスの契約機に行く手順となり、契約機は22時まで、場所によっては21時までの対応となるところもありますが、夜まで営業をしているので助かります。

 

昼間にネットから申し込みをして審査の結果を受け取っておき、その後に夜でも営業時間内にプロミスの契約機まで行く方法であれば、14時以降でも当日中の利用も可能です。もちろんプロミスの契約機は土日でも営業をしているところが多いので、週末の即日融資も可能となるのです。

 

プロミスの契約機は非常に多くの設置数があり、すべてをここに記載をすることは出来ません。地域によりますが、例えば愛知県の名古屋市であればプロミス名古屋市で詳しい情報が確認出来るので、見ておくと良いでしょう。

 

瞬フリを使う即日融資

プロミスには瞬フリといったサービスもあり、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、24時間最短10秒での振り込み融資も可能となります。曜日も時間も関係がないため、いつでも素早く借りられるのです。

 

急ぎで借りたい方、プロミスの契約機まで行きたくない方でも対象となる銀行口座があれば即日融資も可能となるため、すぐに借りたい方はプロミスの瞬フリのサービスの利用も考えてみましょう。

 

プ収入証明書の提出が必要?

消費者金融のプロミスに申し込む際、事前に用意しておいた方が良いとされるのが収入証明書です。

 

収入証明書として認められるものは、前年度の年収が確認できる源泉徴収票や確定申告書、これらが入手困難な場合は直近2~3か月以内の給与明細書などでも大丈夫です。

 

プロミスに申し込みを行なった際に収入証明書の提出を求められるのは、希望限度額が50万円以上の時や、他社のキャッシングを利用していた場合にその借入れ金額とプロミスでの借入れ希望額の合計が100万円を超えた場合です。

 

借入れ希望額が高額の場合はこのように申し込み者が収入証明書を提出し、その収入証明書を元にプロミスが審査を委託している保証会社によって最終的な借入れ限度額などの決定がなされます。

 

そしてもう1つ、これは少々例外的ですが、職業身分によっても収入証明書の提出が求められる場合があります。職業身分が正社員ならば何も問題はないのですが、例えば派遣社員やアルバイトのような非正規の雇用形態で就業している場合には、派遣元が変わったり、勤め先が変わったりした場合に収入証明書を提出しなければなりません。

 

収入証明書が提出できないと、限度額が希望した金額より減額されたり、手続きに時間がかかり、即日融資を受けたいのにそれが叶わなかったりします。

 

スムーズに融資を受ける為にも、収入証明書は事前に用意しておき、提出を求められたらすぐに送ることが出来るようにしておきたいものです。

 

更に高額まで不要のカードローン

プロミスでは一定額以上の契約となると所得証明書類が必要となりますが、これはプロミスに限らず、消費者金融で借りる際にはどこでも同じです。貸金業法で決められているので、更に高額まで所得証明を不要で手続きをしたいのであれば、銀行のカードローンを利用することになります。

 

銀行なら300万円まで不要とするオリックス銀行カードローンの所得証明や、メガバンクのカードローンでも100万円や200万円まで不要とする商品があります。より大きな金額を面倒な書類の用意なく借りたい方は、銀行カードローンを考えてみると良いでしょう。